「究極の罠(わな)」

・Bible Reading (聖書の個所)ルカによる福音書20章9節から26節

イエスは民衆にこのたとえを話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、これを農夫たちに貸して長い旅に出た。収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を納めさせるために、僕を農夫たちのところへ送った。ところが、農夫たちはこの僕を袋だたきにして、何も持たせないで追い返した。そこでまた、ほかの僕を送ったが、農夫たちはこの僕をも袋だたきにし、侮辱して何も持たせないで追い返した。更に三人目の僕を送ったが、これにも傷を負わせてほうり出した。そこで、ぶどう園の主人は言った。『どうしようか。わたしの愛する息子を送ってみよう。この子ならたぶん敬ってくれるだろう。』農夫たちは息子を見て、互いに論じ合った。『これは跡取りだ。殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』そして、息子をぶどう園の外にほうり出して、殺してしまった。さて、ぶどう園の主人は農夫たちをどうするだろうか。戻って来て、この農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。」彼らはこれを聞いて、「そんなことがあってはなりません」と言った。イエスは彼らを見つめて言われた。「それでは、こう書いてあるのは、何の意味か。『家を建てる者の捨てた石、/これが隅の親石となった。』(詩編118:22)その石の上に落ちる者はだれでも打ち砕かれ、その石がだれかの上に落ちれば、その人は押しつぶされてしまう。」そのとき、律法学者たちや祭司長たちは、イエスが自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいたので、イエスに手を下そうとしたが、民衆を恐れた。

そこで、機会をねらっていた彼らは、正しい人を装う回し者(たち)を遣わし、イエスの言葉じりをとらえ、総督の支配と権力にイエスを渡そうとした。回し者らはイエスに尋ねた。「先生、わたしたちは、あなたがおっしゃることも、教えてくださることも正しく、また、えこひいきなしに、真理に基づいて神の道を教えておられることを知っています。ところで、わたしたちが皇帝に税金を納めるのは、律法に適っているでしょうか、適っていないでしょうか。」イエスは彼らのたくらみを見抜いて言われた。「デナリオン銀貨を見せなさい。そこには、だれの肖像と銘があるか。」彼らが「皇帝のものです」と言うと、イエスは言われた。「それならば、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」彼らは民衆の前でイエスの言葉じりをとらえることができず、その答えに驚いて黙ってしまった。

(注)

・ぶどう園:預言者イザヤがイスラエルに神様のお言葉を伝えています。

■わたしは歌おう、わたしの愛する者のために/そのぶどう畑の愛の歌を。わたしの愛する者は、肥沃な丘に/ぶどう畑を持っていた。よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた。その真ん中に見張りの塔を立て、酒ぶねを掘り(切り出して酒だるを作り)/良いぶどうが実るのを待った。しかし、実ったのは酸っぱいぶどうであった。さあ、エルサレムに住む人、ユダの人よ/わたしとわたしのぶどう畑の間を裁いてみよ。わたしがぶどう畑のためになすべきことで/何か、しなかったことがまだあるというのか。わたしは良いぶどうが実るのを待ったのに/なぜ、酸っぱいぶどうが実ったのか。さあ、お前たちに告げよう/わたしがこのぶどう畑をどうするか。囲いを取り払い、焼かれるにまかせ/石垣を崩し、踏み荒らされるにまかせ、わたしはこれを見捨てる。枝は刈り込まれず/耕されることもなく/茨やおどろ(とげのある植物)が生い茂るであろう。雨を降らせるな、とわたしは雲に命じる。イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑/主が楽しんで植えられたのはユダの人々。主は裁き(ミシュパト)-御心に適った生き方-を待っておられたのに/見よ、流血(ミスパハ)。正義(ツェダカ)を待っておられたのに/見よ、叫喚(ツェアカ)-さけび-。(イザヤ書5:1-7)

・農夫:律法学者たちや祭司たち

・僕:預言者たちや使徒たち

・愛する息子:イエス様のことです。

・十戒:イスラエルの人々にとって信仰の原点です。エジプト王ファラオの支配から解放されて三月目に、神様はシナイの荒れ野でモーセを通して「あなた(がた)には、わたしをおいてほかに神があってはならない。あなた(がた)はいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。あなた(がた)はそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。・・わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。・・」と告げられたのです(出エジプト記20:3-6)。

・イエス様の時代:キリスト信仰を理解するためには時代背景を考慮することが不可欠です。一世紀におけるイスラエルの貧困の主要な原因はローマ帝国の税制度にありました。当局は収穫物の四分の一を税として徴収したのです。その他にも祭司制度を維持するための神殿税がありました。人々は重税に苦しみ、困窮を極めたのです。一方、祭司などのユダヤ人指導者たちは民衆のために働くのではなく、ローマ帝国に協力して自分たちの既得権益の保持に腐心したのです。

・洗礼者ヨハネの召命:イエス様はこの人から洗礼を受けられました。福音書記者ルカは当時の政治状況を記しています。

■皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアがアビレネの領主、アンナスとカイアファとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。(ルカ3:1-2)

・外国人の王の禁止:

■あなた(がた)が、あなた(がた)の神、主の与えられる土地に入って、それを得て、そこに住むようになり、「周囲のすべての国々と同様、わたしを治める王を立てよう」と言うならば、必ず、あなた(がた)の神、主が選ばれる者を王としなさい。同胞の中からあなた(がた)を治める王を立て、同胞でない外国人をあなた(がた)の上に立てることはできない。(申命記17:14-15)

・正しい人を装う回し者(たち):スパイ-情報収集者-たちのことです。

・徴税(徴用)について:福音書にはローマ帝国の支配下にあったユダヤ人たちの様子が記述されています。

「その頃、皇帝アウグストゥス(紀元前31年から紀元後14年)から全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録であった。人々は皆、登録するために、それぞれ自分の町へ旅立った。ヨセフもダビデの家系であり、またその血筋であったので、ガリラヤの町ナザレからユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。身重になっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。」(ルカ2:1-5)しかし、紀元後6年頃、ガリラヤのユダヤ人たちがキリニウスの命令による住民登録に抗議して暴動を起こしているのです。(使徒5:37)

・デナリオン銀貨:この時期の銀貨にはローマ皇帝ティベリウス・シーザー(紀元14年から37年)の「頭部の像」が描かれています。そして「ティベリウス・シーザー、神のアウグスト、アウグストの息子」という文字が刻印されています。愛国的ユダヤ人たちは偶像崇拝に陥(おちい)らないためにこのコインを携行しなかったのです。指導者たちは「納税の是非」を質問しても「偶像崇拝」やローマ皇帝による「神様への冒涜(ぼうとく)」の問題には言及しないのです。彼らは偽善者なのです。

(メッセージの要旨)

*イエス様は「神の国」の福音を妨げる律法学者たち(やファリサイ派の人々)、祭司長たちと鋭く対峙(たいじ)されたのです。「ぶどう園と農夫のたとえ」、「二人の息子のたとえ」(マタイ21:28-32)、「大宴会のたとえ」(ルカ14:15-24)において、神様を軽んじる彼らは厳しく罰せられることが明言されたのです。指導者たちは何とかしてイエス様を捕えようとしたのですが、群衆の反発を恐れて思い止まっていたのです。しかし、イエス様への迫害を強めるのです。神様を父と公言するイエス様に「神の息子」と自称するローマ皇帝への忠誠心を迫るのです。信仰篤いユダヤ人にとって「納税の是非」の答えは簡単です。「否(いな)」なのです。しかし、そのように言えば反逆者の烙印(らくいん)を押されるのです。「然(しか)り」と答えれば民族への裏切り者として社会から排斥されるのです。歴史を振り返れば、イスラエルは外国の勢力によって何度も蹂躙(じゅうりん)されたのです。原因の多くは指導者たちの不信仰にあったのです。旧約聖書にはその経緯が記されているのです。イエス様の時代においてもローマ帝国が支配したのです。彼らは神様を礼拝することには寛大でしたが、大祭司の任命権や十字架刑の執行権を剥奪(はくだつ)したのです。指導者たちは不当な要求を受け入れたのです。過酷な税の負担や様々な徴用制度は民衆を疲弊(ひへい)させたのです。イエス様は質問者たちの不信仰とたくらみを見抜いて「先ず、神の国(神様の支配)と神の義(正義)を求めなさい」と言われたのです(マタイ6:33)。

*律法学者たちや祭司長たちはイエス様を殺すためにあらゆる機会を利用するのです。ところが、民衆の多くはイエス様を支持していたのです。指導者たちは民衆の反発を恐れていたのです。そこで、民衆を失望させるためにイエス様に巧妙な「罠(わな)」を仕掛けるのです。それは「・・あなたが・・真理に基づいて神の道を教えておられることを知っています。ところで、わたしたちが皇帝に税金を納めるのは律法に適っているでしょうか、適っていないでしょうか。」という問いに隠されているのです。彼らはこれまでユダヤ教の律法の範囲内でイエス様と論争して来たのです。今回は次元が異なるのです。イエス様を全く違った土俵-政治-へ引き込もうとしているのです。ローマ帝国は支配下にある国々の反乱を強大な軍事力によって弾圧したのです。抵抗闘争に加わった人々には見せしめとして最も残酷な十字架刑を適用したのです。いつの時代においても、税制度は国家を維持する上で重要です。納税拒否は国家の根幹を揺るがす行為なのです。権力者たちは絶対に容認しないのです。一方、十戒の冒頭には「あなた(がた)には、わたしをおいてほかに神があってはならない。」が記述されているのです。ユダヤ人たちにとって自らを神様と称するローマ皇帝は大罪人です。銀貨によって税金を納めることなど考えられないのです。イエス様が戒めに従えば反逆罪で処刑されるのです。神様を冒涜(ぼうとく)する皇帝に屈すれば偽預言者として断罪されるのです。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」は真に的を射たお答えなのです。

*イエス様の時代におけるイスラエルの貧困の最大の原因はローマ帝国による税制度にありました。ユダヤ人の歴史学者サロ-・バロンもそのことについて言及しています。農民たちから二年ごとに収穫物の四分の一を税として徴収し、さらに当局の役人や兵士たちの生活を支えるために経費を支出させ、また人頭税や関税を課したのです。人々は経済的にも精神的にも貧しかったのです。ローマ帝国に任命された総督たちは赴任地(ふにんち)を短期間で財産を生みだす「打ち出の小づち」のように考えていたのです。イエス様を処刑したポンティオ・ピラト(紀元26年から36年)などはユダヤ人たちに貢物(みつぎもの)を求め、徹底的に搾取したのです。また、人々はエルサレムの神殿に仕える祭司たちを支えるために神殿税(宗教税)を納めなければならなかったのです。これまで、祭司たちを支えるための定額献金や随時献金の習慣はなかったのです。彼らは巡礼者たちが捧げる供え物の一部を受け取っていただけなのです。ところが、バビロン捕囚から帰還(紀元前538年)後に自分たちの収入を増やすために、新たに12種類の献金を設けたのです。毎年、担当者たちは神殿税未納の家を訪問して納めるように督促(とくそく)したのです。ローマ帝国への税と神殿税の合計は民衆の生活費の40%にも達していたのです。ユダヤ人歴史家ヨセフスはおよそ2万人の祭司がいたことを記しています。1年に2週間エルサレム神殿に奉仕しただけで一般民衆の平均を上回る収入を得ていたのです。「神様の名」によって人々が苦しめられているのです。

*福音書はイスラエルに貧困が広まっていることを様々な形で伝えています。マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油1リトラ(約326g)を持って来て、イエス様の足に塗り、自分の髪でその足を拭い、家は香油の香りでいっぱいになったのです。12弟子の一人でイエス様を裏切ろうとしていたイスカリオテのユダも「なぜ、この香油を三百デナリオン(平均的労働者の賃金の300日分に相当する価値)で売って、貧しい人々に施さなかったのか」と非難しているのです(ヨハネ12:3-5)。ある金持ちがいました。紫の布や上質の亜麻布を着て、毎日、派手な生活を楽しんでいました。この金持ちの門前に、ラザロと呼ばれる出来物だらけの貧しい人が横たわり、その食卓から落ちる物で腹を満たしたいと思っていたのです。犬もやって来ては、彼の出来物をなめていたのです(ルカ16:19-21)。イエス様は貧困に喘(あえ)ぐ人々に「貧しい人々は、幸いである/神の国はあなたがたのものである」と明言されたのです(ルカ6:20)。さらに「わたしたちに必要な糧を今日与えください」と祈るように教えられたのです(マタイ6:11)。また、集まった四千人の群衆に食べ物を与えて「神の国」の到来を具体的に証明されたのです(マルコ8:1-9)。そして、律法が定める最も重要な戒め-神様と隣人を愛すること-を日々実践するように命じられたのです(マルコ12:28-31)。イエス様の教えと「力ある業」に接した人々は人間の知識では理解出来ない不思議な力を得るのです。絶望の淵から脱出することが出来るのです。

*イエス様が宣教された「神の国」は地上の権力者たちに悔い改めを求めたのです。ところが、彼らは先祖の指導者たちと同じように預言者たちや使徒たちを迫害したのです。そして、神様が遣わされた「独り子」イエス様を殺そうとしているのです。たとえ話においてその事実が語られているのです。民衆の強い支持を受けているイエス様を律法違反で殺すことは困難でした。そこで、彼らは信仰心を装う人々を送ってイエスを陥(おとしい)れようとしているのです。イエス様の言葉尻を捕らえてローマ帝国への反逆者に仕立て上げるのです。総督に引き渡して十字架上で処刑させようとしているのです。指導者たちから派遣された人々の質問内容は巧妙です。イエス様への「究極の罠」となったのです。「税金を納めてはならない」と言えば反逆罪でローマ帝国が処刑するのです。「税金を納めるべきである」と言えば信仰心の篤い人々や貧しい人々から支持を失うのです。指導者たちにとってどちらの答えでもいいのです。イエス様の影響力を取り除けることに変わりはないからです。ところが、イエス様は「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」と答えられたのです。民衆はイエス様のお答えに納得したのです。その通りだからです。ローマ帝国から恩恵を受けている人々には税金を納める義務が生じるのです。神様に属する物を奪っている皇帝と総督、律法学者たちと祭司長たちはそれらを返還しなければならないのです。「神様の御心」に反する人々には厳しい罰が下されるのです。「神の国」を信じる人々には生きる希望が与えられるのです。

2023年03月26日