「偽善者たちのようであってはならない」

Bible Reading (聖書の個所)マタイによる福音書6章1節から18節

「見てもらおうとして、人(人々)の前で善行をしない(敬虔さを表さない)ように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。だから、あなた(がた)は施しをするときには、偽善者たちが人(人々)からほめられようと会堂や街角でするように、自分(たち)の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。あなた(がた)の施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなた(がた)に報いてくださる。」

「祈るときにも、あなたがたは偽善者(たち)のようであってはならない。偽善者たちは、人(人々)に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。だから、あなた(がた)が祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなた(がた)の父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなた(がた)の父が報いてくださる。また、あなたがたが祈るときは、異邦人(たち)のようにくどくどと述べてはならない。異邦人(たち)は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。だから、こう祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ、/御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように、/天におけるように地の上にも。わたしたちに必要な糧(かて)を今日与えてください。わたしたちの負い目(負債)を赦してください、/わたしたちも自分に負い目(負債)のある人を/赦しましたように。わたしたちを誘惑に遭わせず、/悪い者から救ってください。』もし人(人々)の過ちを赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがた(の過ち)をお赦しになる。しかし、もし人(人々)を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの過ちをお赦しにならない。」

「断食するときには、あなたがたは偽善者(たち)のように沈んだ顔つきをしてはならない。偽善者(たち)は、断食しているのを人(人々)に見てもらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。あなた(がた)は、断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。それは、あなた(がた)の断食が人(人々)に気づかれず、隠れたところにおられるあなた(がた)の父に見ていただくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなた(がた)の父が報いてくださる。」

(注)

・最も重要な戒め:第一は「聞け、イスラエルよ。我らの神、主は唯一の主である。あなた(がた)は心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなた(がた)の神、主を愛しなさい」と明記されています(申命記6:4-5)。第二は「復讐してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。自分自身を愛するように 隣人を愛しなさい。わたしは主である」と記述されています(レビ記19:18)。イエス様もこれらの戒めの重要性を再確認されたのです(マタイ12:28-31)。

・施し:安息日にユダヤ教の会堂で施しや慈善寄付が行われたのです。

・偽善者たち:律法学たちやファリサイ派の人々を指しています。彼らの不信仰と偽善がマタイ23章に詳述されています。

・祈り:ユダヤ人の成人男性はエルサレムに向かって毎日三回午前、午後、夕方に祈ります。食前と食後にも立ったまま、あるいは頭(こうべ)を垂れて祈ったのです。

・過ち:律法や慣習に違反することです。道徳的、倫理的な観点から説明されることが多いのです。しかし、返済期限を守らないことや返済不能なども含まれています。これらは社会的な要因が極めて大きいのです。イエス様はローマ帝国の圧政に苦しんでいる貧しいキリストの信徒たちに「主の祈り」を祈るように指示されたのです。

・断食:肉体に苦痛を与えて自己を否定することです。食べ物や飲み物など体に必要なものを摂取しないだけでなく、体を清潔に保つことや楽しませたりすることも断つのです。レビ記16:29-31をご一読下さい。

・キング牧師:黒人の公民権運動の先頭に立ち、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師はアメリカのジョージア州アトランタにあるエビニーザー・バプティスト教会の牧師の家に生まれました。イエス様の愛は社会正義と切り離すことが出来ないという確信の下に福音宣教と黒人の地位向上に39年の短い生涯を捧げたのです。功績を称えて1月の第三月曜日は祭日になっています。I HAVE A DREAM(私には夢がある)と言う演説が有名です。他にも多くの示唆に富んだ言葉があります。

(メッセージの要旨)

*ユダヤ教の伝統的な教えの中に「施し」、「祈り」、「断食」の規定があります。イエス様は弟子たちにもそれらの実行を求められたのです。確かに「神様の御心」に合致した行いにはその人の篤い信仰心や敬虔さが表れているのです。一方では、神様は人の心の奥底を御覧になられるのです。イエス様は信仰を自負するファリサイ派の人々に「あなたたちは人(人々)に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存じである。人に尊ばれるものは、神には忌(い)み嫌われるものだ。」と言われました(ルカ16:15)。キリストの信徒たちのあるべき姿が示されているのです。「神様の御心」を実践する人々にとって人間の賞賛は不必要なのです。神様がご自身と隣人を愛する人々に報いて下さるからです。施しをするときは密かに行うのです。会堂や大通りの角に立って祈らないのです。沈んだ顔つきをして断食はしないのです。信仰心は神様に捧げるものであって、自分たちへの誉(ほまれ)を得るためのものではないのです。人々に見せるための敬虔(けいけん)さや善い行いは偽善です(マタイ23:5)。神様は侮(あなど)られるようなお方ではないのです。神様の名を貶(おとし)める人々は厳しく罰せられるのです。ただ、そうした意図はなくても偽善に陥(おちい)ることがあるのです。キリストの信徒としての体面を繕(つくろ)おうとするからです。徴税人は犯した罪を心から後悔したのです。「神様、罪人のわたしを憐れんでください」と祈ったのです。この人の罪が直ちに赦されたことを想起したいのです(ルカ18:13)。

*モーセは神様のご命令とお約束「三年目ごとに、その年の収穫物の十分の一を取り分け、町の中に蓄えておき、あなたがたのうちに嗣業(しぎょう)の割り当てのないレビ人たちや、町の中にいる寄留者たち、孤児たち、寡婦たちがそれを食べて満ち足りることができるようにしなさい。そうすれば、あなたがたの行うすべての手の業について、あなたがたの神、主はあなたがたを祝福するであろう。」を民に伝えました(申命記14:28-29)。イスラエルの民はこの戒めを実行しているのです。安息日には会堂で貧しい人々に施しが行われたのです。ただ、施す側と施しを受ける側との間に貧富の差や社会的地位の相違があることも事実なのです。施しはその現実を一層明白にするのです。どれほど配慮をしても施しをする人々の心に優越感が生じ、施しを受ける人々に劣等感が植え付けられるのです。ファリサイ派の人々や律法学者たちは律法を厳格に守っているのです。しかし、その目的は人々から賞賛を得ることなのです。イエス様は彼らを偽善者と呼ばれたのです。キリストの信徒たちにとっても困っている人々に援助の手を差し伸べることは責務です。施しをしても誇る理由などないのです。すべきことをしただけだからです(ヨハネ13:14-15)。しかし、信仰があってもこの世の影響を常に受けているのです(ヤコブ2:1-10)。施しは「神様の御心」に適(かな)っているのです。一方、善行には人々に偽善と高慢の罪を犯させる危険性があるのです。イエス様は人間の弱さをご存知なのです。誘惑から逃れる方法を示されたのです。

*「主の祈り」にはキリスト信仰の真髄(しんずい)が簡潔に要約されているのです。イエス様は「あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ」と言われました。神様はすべての人に必要なものを備えて下さるのです。関心を自分たちのことから最も重要な戒め-神様と隣人を愛すること-へ向けることが出来るのです。イエス様が「主の祈り」を教えられた理由はこの点にあるのです。誤解されているように「主の祈り」は個人的な祈りではないのです。「わたしたちの」、「わたしたちに」、「わたしたちも」に見られるように一人称複数が用いられているからです。イエス様は弟子たちの窮状に心を寄せられるのです。ローマ帝国の圧政とユダヤ人指導者たちの不信仰と腐敗は民衆を苦しめているのです。ローマ皇帝はユダヤ人たちに信仰の自由を認めたのです。一方では自分を神として崇めることを強いるのです。「御名が崇められますように」、「御国が来ますように」はローマ帝国の支配が終わることを願う切実な祈りなのです。貧しい人々はその日の糧を確保するために奔走(ほんそう)しているのです。借金と高利は人々の生活を破壊しているのです。返済のために先祖伝来の土地を手放し、時には家族を奴隷として売りに出しているのです。絶望の淵(ふち)にあって唯一の神様を崇める信仰が揺らいでいるのです。そのような時に「わたしたちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください」と祈るのです。「祈り」とは神様の前でありのままの姿を語ることなのです。しかし、神様は高慢な祈りを拒否されるのです。

*神様は預言者ゼカリヤ通して「国の民すべてに言いなさい。また祭司たちにも言いなさい。五月にも、七月にも/あなたたちは断食し、嘆き悲しんできた。こうして七十年にもなるが/果たして、真にわたしのために断食してきたか。あなたたちは食べるにしても飲むにしても、ただあなたたち自身のために食べたり飲んだりしてきただけではないか。」と言われたのです(ゼカリヤ書7:5-6)。「断食」が悔い改めの証しとして真剣に行われていないのです。いつの間にか形式的な儀式になっているのです。イエス様も断食のあり方について指摘をされたのです。信仰を誇るために断食しても悔い改めにはならないのです。そのような行いは罪を重ねているだけなのです。「断食」と日本語に訳されている元の言葉にはもっと深い信仰上の意味があるのです。「自分を否定すること」なのです。食べ物や飲み物を断つだけでなく、風呂に入ること(水浴びすること)、肉体を喜ばせること、心の楽しみを避けることが含まれているのです。イエス様は信仰心を装(よそお)うファリサイ派の人々や律法学者たちに「あなたがたは不幸だ(に天罰あれ)」と言われたのです(ルカ11:42-44)。神様を欺(あざむ)く偽善は厳しく罰せられるのです。尊大さは確実に「永遠の命」を遠ざけているのです。「断食」によって自分に栄光をもたらす行為は律法の趣旨に違反しているのです。行いを伴わない信仰は死んでいるのです(ヤコブ2:17)。イエス様のお言葉を軽んじてはならないのです。キリストの信徒たちはご指示を全身全霊で受け止めるのです。

*イエス様は律法の中で最も重要な戒めに言及して「神様と隣人を愛しなさい」と言われたのです(マルコ12:29-31)。弟子たちには「地の塩」、「世の光」になるように命じられたのです(マタイ5:13-16)。キリスト信仰とはこの世の喧騒(けんそう)から逃れて内なる平安を得ることで完結しないのです。イエス様の御跡を辿(たど)ることだからです。隣人-貧しい人々や虐(しいた)げられた人々-の苦難を共有し、共に生きることなのです。しかし、イエス様が経験されたように「神様の御心」を実行しようとすれば必ず試練に遭遇するのです。イエス様の教えが本質的にこの世の考え方とは相容れないからです。それ故に、弟子たちに繰り返し覚悟を求められたのです。自分たちの間で誰が一番偉いかについて議論じている使徒たちに「仕える者のようになりなさい」と言われたのです(ルカ24-26)。「神の国」の到来を信じる人々は社会の正義や公平の問題に目を向けるのです。イエス様は洗礼者ヨハネに「正しいこと(正義)をすべて行うのは、我々にふさわしいことです」(マタイ3:15)、弟子たちに「あなたがたの義(正義)が律法学者やファリサイ派の人々の義(正義)にまさっていなければ、あなたがたは決して『天の国』に入ることはできない」と言われたのです(マタイ5:20)。キング牧師は「最大の悲劇は・・善良な人々が悪事に沈黙していることである」と言っています。「施し」、「祈り」、「断食」を通して偽善者になってはならないのです。悔い改めて「神様の御心」の実現に全力を注ぐのです。

2023年05月21日