「この世の子らから学ぶ」

Bible Reading (聖書の個所)ルカによる福音書16章1節から17節

イエスは、弟子たちにも次のように言われた。「ある金持ちに一人の管理人がいた。この男が主人の財産を無駄遣いしていると、告げ口(非難)をする者があった。そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『お前について聞いていることがあるが、どうなのか。会計の報告を出しなさい。もう管理を任せておくわけにはいかない。』管理人は考えた。『どうしようか。主人はわたしから管理の仕事を取り上げようとしている。土を掘る力もないし、物乞いをするのも恥ずかしい。そうだ。こうしよう。管理の仕事をやめさせられても、自分を家に迎えてくれるような者たちを作ればいいのだ。』そこで、管理人は主人に借りのある者を一人一人呼んで、まず最初の人に、『わたしの主人にいくら借りがあるのか』と言った。『油百バトス』と言うと、管理人は言った。『これがあなたの証文だ。急いで、腰を掛けて、五十バトスと書き直しなさい。』

また別の人には、『あなたは、いくら借りがあるのか』と言った。『小麦百コロス』と言うと、管理人は言った。『これがあなたの証文だ。八十コロスと書き直しなさい。』主人は、この不正(不忠実)な管理人の抜け目のないやり方をほめた。この世の子らは、自分の仲間に対して、光の子らよりも賢くふるまっている。そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた(不誠実な取引によって得た)富で友達を作りなさい。そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。だから、不正にまみれた富について忠実でなければ(神の子であるという観点から不誠実な取引によって得た富に対応しなければ)、だれがあなたがたに本当に価値あるものを任せるだろうか。また、他人のものについて忠実でなければ、だれがあなたがたのもの(あなたがたに属するもの)を与えてくれるだろうか。どんな召し使い(奴隷)も二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」

金に執着するファリサイ派の人々が、この一部始終を聞いて、イエスをあざ笑った。そこで、イエスは言われた。「あなたがたは、人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたがたの心をご存じである。人々の間で尊ばれるもの(富)は、神には忌み嫌われるものだ。律法と預言者(たち)は、ヨハネの時までである。それ以来、神の国の福音が告げ知らされ、誰もが激しく攻め入っている。しかし、律法の一画が落ちるよりは、天地の消えうせるほうが易しい。」

(注)

・金持ち:イエス様は「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」と言われました。ここに、イエス様のお考えが表れています。マタイ19:24;マルコ10:25;ルカ18:25を参照して下さい。

・不誠実な取引の禁止:

■あなたたちは、不正な物差し、秤、升を用いてはならない。正しい天秤、正しい重り、正しい升、正しい容器を用いなさい。わたしは、あなたたちをエジプトの国から導き出したあなたたちの神、主である。わたしのすべての掟、すべての法を守り、それを行いなさい。わたしは主である。(レビ記19:35-37)

・陰府(よみ)でもだえ苦しむ金持ちの姿についてはルカ16:19-31をご一読下さい。

・管理人:重要な仕事を任された管財人です。一般的に、良く訓練(教育)を受けた奴隷が担っていました、

・不正:不誠実と訳すべき言葉です。

・無駄遣い:管理人が財産を横領したとか、何かを盗んだということではないのです。貪欲な金持ちの立場から見た評価なのです。利益を追求しない職務怠慢のことなのです。

・不正にまみれた富:原文に「まみれた」という言葉はないのです。不誠実な取引によって得られた富のことです。

・富:「マモン」から訳出された言葉です。「マモン」は金銭、お金のことですが、軽蔑的な意味が込められています。異教の神(富崇拝)を象徴しているからです。

・永遠の住まい:「神の国」あるいは「永遠の命」を表しています。

・1パトスは約23リットル、1コロスは約230リットルです。

・抜け目のない:「思慮ふかい」とも訳せる言葉です。管理人が悪い人物であるという観点からの日本語訳になっています。

・光の子:神様の子、あるいはイエス様の弟子のことです。ヨハネ12:35-36を参照して下さい。

・ヨハネ:イエス様の先駆(さきが)けとして人々に激しく「悔い改め」を迫った洗礼者ヨハネのことです(マルコ1:1-11)。

・神の国:神様の支配・主権のことです。死後に行く「天国」のことではありません。

・誰もが激しく攻め入っている:「神様によって入ることを強いられている」という意味です。

・太宰治:小説家、本名は津島修治です。1909年に生まれ1948年に没しています。斜陽、「走れ、メロス」、津軽、人間失格が有名です。

(メッセージの要旨)

*幾つかの解釈が可能です。しかし、イエス様はこの後に金持ちと貧しいラザロの死後の様子を語られているのです。富に対する姿勢がその人の「救い」に大きな影響を与えているのです。管理人には財産管理を適切に行い、資金を効率よく運用して、最大限の利益をもたらしてくれることが期待されているのです。ところが、金持ちは管理人が財産を無駄遣いしている-金持ちの利益を損なっている-という報告を受けたのです。金持ちは管理人を「不正な管理人」と呼んでいます。しかし、イエス様の全体の論調を踏まえて理解する必要があるのです。管理人が主人の財産を盗んだとか、流用したということではないのです。金持ちの意向-利益第一主義-に沿って運用管理しなかっただけなのです。今、職を失おうとしているのです。しかし、自分のことだけではなく、貧しい人々のために不誠実な取引によって得た富を用いているのです。不誠実な取引によって不利益を被(こうむ)っている人々の負債が軽減されたのです。イエス様は証文を書き換えさせた管理人に「永遠の命」を約束されたのです。たとえ話を聞いたのは弟子たちだけではないのです。そこには信仰を自負するファリサイ派の人々もいたのです。イエス様は山上の説教で「神と富とに仕えることはできない」(マタイ6:24)、「何よりもまず、神の国(神様の支配)と神の義(神様の正義)を求めなさい」(マタイ6:33)と言われたのです。光の子らであっても富の誘惑に晒(さら)されているのです。警戒を怠(おこた)っているのです。この世の子らから学びなさいと命じられたのです。


*たとえ話を理解するためには当時の社会・経済状況を知っておくことが必要です。イスラエルの人々の困窮の大きな要因はローマ帝国の人頭税や自国の神殿税にありました。もう一つは負債でした。農民たちは先ず収入から税と利息などを支払ったのです。一家はおよそ半分の収入で暮らすことを余儀なくされているのです。自然災害も多く、不作で翌年に備える種子を確保できない年もあるのです。新しく作付けをするために、あるいは税を納めるために金持ちから借金しなければならなかったのです。同じような状況は日本の東北地方でも見られたのです。青森県五所川原市金木に太宰治(津島修治)の生家-斜陽館-があります。津島家は大地主でした。広大な敷地に大邸宅が建っていました。建物の内部には当時としては珍しい洋風の部屋もありました。一階で「銀行業務」が行われていました。そこには土間があり、小作人たちが一段高いところに座っている地主に融資を申し込み、あるいは返済の猶予(ゆうよ)を願い出たのです。貧しい農民たちの中には生きて行くために娘を身売りする人もいたのです。記念館となっている生家は民衆の悲しい歴史を想起させるのです。イスラエルの人々は生活破壊に常に怯(おび)えていたのです。債務不履行は悲惨でした。債務者は負債を返済するために持ち物を全部売ったのです。それでも返済できない人は自分だけでなく、妻や子供たちを奴隷として売りに出したのです。「主の祈り」に「わたしたちの負債を赦してください」があります(マタイ6:12)。借金地獄からの解放を願う人々の叫び声なのです。 

*金持ちには管理人の職務態度に不満がありました。最大の関心事である利益最優先の実行に不熱心だったからです。そこで、管理人に解雇通告を行ったのです。管理人は後の就職先を確保するために思案したのです。主人に負債のある人を順次呼んでそれぞれの債務を確認したのです。彼の目的は債務者たちに「恩を売ること」でしたが、選んだ手法が「神様の御心」に適っていたのです。借金に苦しむ人々の債務を減額したのです。管理人は主人と相談することなく債務者たちの証文を書き換えました。しかし、金持ちは管理人の行為を責めることは出来なかったのです。借り手の弱みに付け込んで不当な利益を得ていたからです。管理人は正しく計り直しただけなのです。主人は管理人の「抜け目のないやり方」に驚いたのです。自分自身は実害を被(こうむ)っていないからです。債務を軽減された人々は管理人に感謝したのです。イエス様は管財人の手法を誉(ほ)められました。彼は金持ちが不誠実な取引によって得た富を用いて、自分の活路を開こうとしたのです。この世の富について正しい対応能力を備えていなければ、本当に価値のあるもの-神の国の福音-を任(まか)せていただけないのです。管理人は唯々諾々(いいだくだく)と働いていれば職を失うことはなかったのです。しかし、金持ちのビジネス手法に隠然と抵抗したのです。無駄遣い-債務者たちや貧しい人々への配慮-は管理人の良心の表れなのです。光の子であっても「神様の御心」を実現しているとは限らないのです。富に対する姿勢がその人の運命を決定づけることは明白なのです。

*イスラエルの人々は生活の不安定の原因がローマ帝国の圧政と同胞である金持ちへの負債にあることを知っていました。しかし、自分たちだけでこの問題を解決することは困難でした。律法は経済活動について様々な規定を設けているのです。貧しい人々に対する金持ちたちの横暴を厳しく戒めています。神様の命令は必要とする人々に必要なものを惜しみなく与えることです。「もし、あなた(がた)がわたしの民、あなた(がた)と共にいる貧しい者(たち)に金を貸す場合は、彼(ら)に対して高利貸しのようになってはならない。彼(ら)から利子を取ってはならない。」(出エジプト記22:24)、「貧しい同胞が一人でもいるならば、その貧しい同胞に対して心をかたくなにせず、手を閉ざすことなく、彼に手を大きく開いて、必要とするものを十分に貸し与えなさい。『七年目の負債免除の年が近づいた』と、よこしまな考えを持って、貧しい同胞を見捨て、物を断ることのないように注意しなさい。その同胞があなたを主に訴えるならば、あなたは罪に問われよう。彼に必ず与えなさい。また与えるとき、心に未練があってはならない。」(申命記15:7-10)と言われるのです。イエス様が宣教された「神の国」の根本理念は「神様と隣人を愛すること」です。神様は御心を実践する人々を祝福されるのです。この世の常識を前提にして金持ちと管理人の姿勢を比較すればたとえ話の意味を読み違えるのです。富に執着する強欲な金持ちは自分の意に反する管理人を追放したのです。しかし、管理人は律法を守って「救い」に与ったのです。

*信仰の有無に関わらず「神様の御心」を実現している人々がいるのです。管理人は「不正な富」を用いて貧しい人々を助けたのです。光の子らは「永遠の命」に心を砕くのですが、この世の問題には無関心なのです。人は信仰によって救われるのではないのです。「行い」-隣人への愛-の有無(うむ)によって「救い」が判断されるからです(マタイ25:31-46)。こうした大切な個所を読み飛ばしてはならないのです。お金を儲けることに執着する金持ちの立場からすれば、必要な支出を抑えてでも最大限の利益を追求することは当然なのです。管理人の様々な配慮はすべて無駄遣いとして映るのです。金持ちは律法に反して、債務者たちに不当な条件を押し付けて儲(もう)けているのです。管理人は「神様の御心」に適った仕事をしているかどうかを吟味したのです。律法に基づいて正しい契約に戻そうと努力したのです。その結果、管理人は職を失ったのです。その後、別の仕事に就(つ)けたかどうかは分からないのです。ただ、永遠の住まいに招き入れられたことだけは確かなのです。今日においても、キリスト信仰を標榜(ひょうぼう)する人々の「生き方」が問われているのです。ビジネスに従事する人々は不誠実な取引に加担させられているのです。公正を旨とする行政に携わる人々も特定の人々-権力者たち-に協力することを強いられているのです。悩みながら信仰と現実を切り離して問題を処理している人も少なくないのです。管理人は律法に従って生きる道を選んだのです。この人の「生き方」は示唆(しさ)に富んでいるのです。

2023年05月28日