「あなたがたは分かっていない」

Bible Reading (聖書の個所)マルコによる福音書10章32節から45節


一行がエルサレムへ上って行く途中、イエスは先頭に立って進んで行かれた。それを見て、弟子たちは驚き、従う者たちは恐れた。イエスは再び十二人を呼び寄せて、自分の身に起ころうとしていることを話し始められた。「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子は祭司長たちや律法学者たちに引き渡される。彼らは死刑を宣告して異邦人に引き渡す。異邦人は人の子を侮辱し、唾をかけ、鞭打ったうえで殺す。そして、人の子は三日の後に復活する。」


ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスに言った。「先生、お願いすることをかなえていただきたいのですが。」イエスが、「何をしてほしいのか」と言われると、二人は言った。「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください。」イエスは言われた。「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。」彼らが、「できます」と言うと、イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることになる。しかし、わたしの右や左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、定められた人々に許されるのだ。」ほかの十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネのことで腹を立て始めた。 そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。」

(注)

・人の子:イエス様のことです。大祭司に「あなたたちは、人の子が全能の神の右に座り、天の雲に囲まれて来るのを見る」と言われました(マルコ14:62)。ご自身の天と地をつなぐ役割が強調されているのです。旧約聖書のダニエル書7:13-14をお読み下さい。


・ヤコブとヨハネ:「また、少し進んで、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、すぐに彼らをお呼びになった。この二人も父ゼベダイを雇い人たちと一緒に舟に残して、イエスの後について行った。」(マルコ1:19-20)


・栄光:「神に背(そむ)いたこの罪深い時代に、わたしとわたしの言葉を恥じる者は、人の子もまた、(彼の)父の栄光に輝いて聖なる天使たちと共に来るときに、その者を恥じる。・・ここに一緒にいる人々の中には、神の国が力にあふれて現れるのを見るまでは、決して死なない者(たち)がいる。」(マルコ8:38-9:1)


・杯:旧約聖書において、杯は「喜びと救い」、あるいは「災いと苦難」を表しています。ここでは後者のことです。詩篇11:6、イザヤ書51:17,22を参照して下さい。


・洗礼:イエス様や弟子たちの死を意味しています。


・偉い人:専制君主のことです。正確に訳すべき言葉です。


・身代金:元々何かを解放する-贖(あがな)う-ための補償金のことです。神様の民の解放の例えとして用いられています。出エジプト記21:8、30を参照して下さい。


・ゲツセマネ:エルサレムの城外にあるオリーブ山の西側のあたりと言われています。

・「神の国」の福音:旧約の伝統に従いイエス様の十字架の死を「罪の贖(あがない)の犠牲」として理解することには細心の注意が必要です。イエス様は生と死と復活によって「神の国」(天の国)-神様の主権・支配-の到来を福音として証しされたのです。キリスト信仰とは「神の国」の到来-人間の全的な救い-を信じることです。福音を「罪からの解放」に縮小してはならないのです。

・悪魔(サタン):「試みる者」、「告発する者」と呼ばれています。ルカ4:1-13、22:31をお読み下さい。

(メッセージの要旨)

*イエス様が宣教された「神の国」の福音は、神様がすべてにおいて主権者であることを宣言するのです。「この世」の支配者たちと彼らに同調する人々に悔い改めを迫り、神様の下へ帰ることを促(うなが)されたのです。しかし、権力の維持と既得権益に執着する指導者たちはイエス様の教えを徹底的に拒否するのです。イエス様が異邦人たちによって侮辱され、唾をかけられ、鞭打たれて殺された原因は「神の国」を宣教したことにあるのです。「神の国」と「この世」の権力者たちの間に闘いが起こっているのです。イエス様はローマ帝国から派遣された総督によって政治犯-反乱の首謀者-として処刑されたのです(ヨハネ19:19)。イエス様の死を「贖いの供え物」として理解するだけでは「神の国」の福音-人間の全的な救い-の本質を見失うことになるのです。イエス様は群衆と弟子たちに「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。・・わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。」と言われました(マルコ8:34-35)。信徒になろうとする人々には覚悟が必要なのです。大切な教えが読み飛ばされているのです。キリスト信仰が誤って伝えられているのです。「救い」は教義の習得によって得られるのではないのです。イエス様に倣(なら)って自分を捨てた人に与えられるのです。キリスト信仰とは信じることではないのです。最も重要な戒め-神様と隣人を愛すること-を実行することなのです。福音書を虚心坦懐(きょしんたんかい)に読めば分かるのです。


*ヤコブとヨハネはイエス様に召命された最初の弟子たちです。イエス様は十二使徒の中でも特にペトロとこの二人を選んで特別な機会-会堂長ヤイロの娘の蘇生(ルカ8:40-56)、イエス様のお姿の変容(マルコ9:2-13)、ゲツセマネにおけるイエス様の祈り(マタイ26:36-46)-に立ち会わせられたのです。イエス様が十字架上で処刑される直前に過越しの食事-最後の晩餐-を準備したのもペトロとヨハネでした(ヨハネ22:7-13)。ヤコブとヨハネはイエス様を歓迎しないサマリア人たちに報復しようとするのです。天から火を降らせて村ごと滅ぼそうとしたのです。イエス様は高慢な彼らを戒められたのです(ルカ9:51-55)。一方、サマリア地方に派遣されたペトロとヨハネによって神様の言葉を受け入れた人々に聖霊様が降ったのです(使徒8:14-17)。ヤコブはヘロデ・アグリッパ王の剣によって殺されました。殉教した最初の使徒となったのです(使徒12:1-2)。ヨハネは初代教会の指導者の一人として使命を果たしたのです。ペトロはイエス様が死と復活を予告された時に「主よ、・・そんなことがあってはなりません。」と諫(いさ)めたのです。イエス様は「サタン、引き下がれ。」と言われたのです(マタイ16:21-23)。「神の国」と「この世」とは両立しないのです。中枢にいた使徒たちでも気づかない内に「この世」に支配されているのです。「この世」の考え方を払拭(ふっしょく)出来ないだけでなく、「神の国」を理解しようとする人々の躓(つまず)きの石になっていることがあるのです。


*イエス様はお金に執着するファリサイ派の人々に「あなたたちは人(人々)に自分たちの正しさを見せびらかすが、神はあなたがたの心をご存じである。人(人々)に尊ばれるものは、神に忌(い)み嫌われるものだ。」と言われました(ルカ16:14-15)。ヤコブやヨハネ、他の使徒たちはイエス様と共に苦難を担(にな)いながら、なお権力者としての地位に心を奪われているのです。ファリサイ派の人々と使徒たちとの間に違いはないのです。いずれも「この世」の人々が熱心に望んでいるものを求めているのです。神様に喜ばれるためには、イエス様の教え「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい」を実践しなければならないのです。ファリサイ派の人々にとっては最も困難な戒めとなるのです。使徒たちにとっても決して簡単なことではないのです。日本語訳は往々にして権力者たちの悪を曖昧(あいまい)に表現しています。イエス様の激しいお言葉を恣意的(しいてき)に弱めているのです。政治的ニュアンスの強い支配者とか権力者という表現も極力避けているのです。「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、・・」についても、個人の謙遜な態度として解釈されることが多いのです。しかし、お言葉の意味はキリスト者たちが支配者や専制君主にならないだけでなく、貧しい人々や虐(しいた)げられた人々の側に立って共に歩む社会的連帯のことを指しているのです。イエス様は「神の国」の到来こそ福音であると言われたのです(マルコ1:15)。


*「神の国」の福音に対する誤解は使徒や弟子たちだけではないのです。今日においても同様のことが見られるのです。キリスト信仰において、イエス様の死が「定められた神様のご計画」、「罪の贖いのための犠牲」として伝えられているのです。このような信仰理解はイエス様の復活を通して形成され、時代を経て受け継がれて来たものです。ただ、イエス様が誕生以来「十字架の死」を目指して生涯を歩まれたと結論付けることは歴史的事実を過小に評価することになり、「神の国」の福音を変容することになるのです。イエス様が十字架上で処刑された理由は「神の国」の福音がユダヤ教の律法と鋭く対立したことにあるのです。イエス様がご自身を「神の子」と称し、神様から裁きを委ねられていると宣言されたことにあるのです。ユダヤ教の伝統-神様は唯一のお方-を否定するイエス様の主張は神様への冒涜(ぼうとく)なのです。指導者たちは律法を無視するイエス様を「律法の規定」に則って裁いたのです。ところが、イエス様は「石打の刑」で処刑されたのではないのです。ローマ帝国によって域内の治安を脅かす政治犯として「十字架刑」で処刑されたのです。イエス様の罪状書きにも「ユダヤ人の王」と記されています(マルコ15:26)。「神の国」の到来は神様が主権者であることを鮮明にするのです。権力者たちが支配する「この世」との対立は避けられないのです。ローマ帝国に協力するユダヤ人指導者たちはイエス様を殺すために画策するのです。イエス様の死はご自身が宣教された「神の国」の本質によってもたらされた結果なのです。


*「皆に仕える者になること」や「子供のように『神の国』を受け入れること」(マタイ18:3)が誤解されているのです。個人的な「心の在り方」ではないのです。イエス様が言われている主旨は権力者たちの対極にある人々-貧しい人々や虐げられた人々の側に立つことなのです。彼らを貧しさの中に閉じ込め、抑圧している支配者や専制君主たちに政治・経済・社会の仕組みを改めさせることなのです。「すべての人の僕になりなさい」は自分を捨てることなのです。命を失うかも知れないのです。ヤコブとヨハネはイエス様のために苦難の盃を飲むことが出来るのです。ただ、動機は「神様の御心」に反しているのです。「権力の座」に着くためにそうするのです。イエス様は彼らに「分かっていない」と叱責(しっせき)されたのです。ところが、イエス様の復活の出来事に接した二人は新たな信仰の歩みを始めるのです。ヤコブはイエス様の御跡を辿(たど)って殺されたのです。ヨハネは迫害を恐れず初代教会の礎(いしずえ)を築いたのです。キリスト信仰を標榜(ひょうぼう)する人々であっても、気づかないで思いも寄らない過ちを犯すことがあるのです。「神の国」と「この世」とは調和しないのです。神様は「この世」の人々の称賛を嫌われるのです。神様を軽んじて天から追放された天使がサタンなのです(ヨハネの黙示録9:12)。高慢は「死に至る病」なのです。その人の「救い」を左右する大きな罪なのです。それを克服する道はただ一つです。イエス様が証しされた「神の国」の福音に日々感謝し、「生き方」を内省することです。

2023年03月19日